マッサージ効果をアップさせる

身体の不調やストレスの発散で様々なマッサージが流行っています。
その中で施術を受ける際に横たわる施術ベッドやマッサージベッド。これらには施術内容ごとに効果を促進する高さや幅があるのです。

施術される人は横たわっていますが、施術する側の人は基本的に立ったままになります。
そのため腰に負担がかかりやすく、悪くしやすいのです。
適切な高さに合っていないと施術する側の人が身体を壊してしまえば本末転倒です。そのため施術をする人にとっても適切な高さを選び、負担やストレスなくできる施術ベッドやマッサージベッドを選ぶ必要があります。
また施術ベッドやマッサージベッドは柔らかいとリラックスできてよさそうなイメージがありますが、それだけには限りません。
柔らかすぎると施術者が力を加えたときに身体が沈みすぎ力が分散されてしまったりします。
反対に硬すぎると施術中に押されたときに負担がかかり過ぎてしまい、かえって不快につながりかねません。
施術ベッド、マッサージベッドの横幅も施術内容によって適切とされている幅が異なります。
施術の際に力を必要とするカイロや整体は施術を受ける人との距離が近い、狭めの施術ベッドのほうが力が入りまた腰の負担も軽くて済むとされています。
女性に人気のエステではリラックス効果も狙いとなるため、ゆっくりと横たわれる幅のあるベッドのほうが良いとされています。

話題のサイト

銀座でオススメのマッサージといえば|個室サロン『ノベルスパ』
心斎橋で癒されるマッサージサロンなら|salon Luxe
サロンで使えるマッサージベッドは通販で買おう【アースライト】
神保町でマッサージを受けるならここが人気|東京泰心堂
http://www.tokyo-taishindo.com/